神川塩ラーメン食べました

こんにちは、福です。

埼玉県北部にある”神川塩ラーメン桃太郎”で塩らーメンを食べてきました。

塩がうりのラーメン屋さんでした。
店内にはFM群馬の番組のタオルだったり、
サインもたくさん壁中所狭しと飾ってありました。
番組でロケに来たり、関係者が食べに来たりしているのでしょうかね。

味はというと、コクのある塩ラーメンでした。
味噌かなと見えるような色合いの濁りのあるスープです。
濃い目のダシの旨みと、塩の旨みの合わさった、やや濃い味わいのラーメンでした。
細麺と太麺と選べるので太麺にしました。
スープが絡んで一口目から最後まで楽しめる味わいでした。

自分の中では、塩ラーメンイコール白濁のイメージだったので、初体験でした。
こういう味わいがあってもいいなと思いました。
ただ、好みは分かれるかもしれませんが。

食べに行ったきっかけは、同僚から佐野ラーメンを食べて来たという話を聞いたからです。
ランキング1位のお店は開店前ですでに一時間以上の待で、あきらめて2位のお店に行ったら
そこでも30分の待ち時間だったそうです。
お腹がすいていたので2位のお店で食べたそうですが、透明度の高い醬油ラーメンで
奇をてらったものではなく、オーソドックスな見た目だったらしいです。
こちらのスープはさっぱりしていたようです。

群馬に住む友人を誘って食べに行こうとしたんですが、
時間もなかなか合わせられず、そこまで行く時間も持てないということで、
じゃあ近場で噂のところがあるとの話で、埼玉県の北部の神川町に
塩ラーメンで結構おいしいお店があると訪ねてみました。
友人が噂を知っていたのは、やはりFM群馬の番組とかの影響なんですかね。
本人は直接は知らなかったようですけど。

でも、たまにはこんな風に噂につられて美味しいものを食べ歩くのもいいかもしれませんね。

秋の涼しさに美味しい食べ物が色々と出回ってくるようになりますし、
楽しみが増えていく時期ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。